忍者ブログ
パルクールとカポエィラと大学生生活と国際関係と宝石についてと(その他色々)を綴る。 週1回でも更新できれば満足なブログです。
1 2 3 4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと課題が片付きました。でも提出時に先生が「SUBMIT IS IMPORTANT,  DON'T WORRY ABOUT THE GRADE OF THIS ASSIGNMENT ^^」とおっしゃった。おぃっ!!!

あたしの気疲れと努力をちゃんと評価してくれーっ

 

ところで。今日はちょっと真面目な考察をしてみようかな、と思います。考察というより、かなり主観の入った意見になると思うので、もしかしたら不快に思われるかもしれませんが、そのときはいじめないでください・・・。

えーと。お題はマドンナの「JUMP」のPVとパルクールについて、であります。英語で書けばParkour in MADONNA's PV、ですか。

正直な感想、単刀直入にいきますと、

微妙・・・・・。

なんです、ハイ、個人的にいいますと。ああああああ、これで全国のtraceurさんの8割を敵に回した気がするよ・・・。

と、言いますのもね。マドンナだったらPK使ってもっとレベルの高いPV作れたんじゃないかなぁ、って思うのですよっ。

や、JUMPはMADONNAのPVであって、PKを宣伝するためのものではない、という大前提をすっかりうっかり忘れているわけではないのですが、それにしたってなんかちょっといつもより手を抜いて作ったんじゃないの?って気がしました。

1つ前の曲、なんだっけ??あのPVは良かったと思うんです。ストーリー性もあったし。なんかかっこよかったし(HUNG UPだHUNG UP)

・・・個人的な趣味の問題でしょうか??

でもなぁんか見ててもつまらないんですよねぇ。。。(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい)

でも、同じMADONNAでもNOTHING REALY MATTER とかDON'T TELL MEとか、HUNG UPとかのPVと比べると・・・・・・・・ナンダコリャって思うのです・・・(MADONNAが悪いんじゃない、うん。悪いのはPV作った人)

あーMADONNA動いてるなぁ、相変わらずなんかえろいなぁ、あー日本で撮ったんだなぁ、よくあんなに「マドンナ」看板付けたなぁ(CGでしょ?)、あーこんなとこでこんな動きしちゃうんだなぁ・・・ってくらいしか感想が出ないのです・・・

あ。でもAMERICAN LIFEのPVは同じレベルな気がするなぁ。。。(←曲は好きだけど)

 

あと、PKが広まるか広まらないか、の話にもつながるのですが。

ぶっちゃけあのPVではPKの魅力は伝わらないだろうし、PKやる人・知ってる人はそれほど増えないんじゃないかなぁ、って思うです。

あのJUMPのPVのPKシーンを見てると、「あーかっこいいなぁ」とは思えるとは思うのですが、「あんなことできるんだ、スタントの人たちって」ってくらいにしか思えないんですよね。

スタント、というのはちょっと誇張した言い方なのですが、あれだとやっぱり「選ばれた人」感が拭い去れないのではないかなぁ、って。

以前ステマさんの掲示板に、MSN賞受賞のお祝い書き込みをしたとき、「女の子増えないかなぁ」ってぼやいたら、やっとこさんから「女の子はなかなか始めてくれませんね。女の子には始め難いってイメージがPKにはあるようですが、どこにあるんでしょう」って返信をいただいたのですが、女の子って、「自分には無理・できない」と思うこと(思い込んでること)にたいしては極端に消極的になるんですよね(もちろんそうじゃない人ももちろんたくさんいます!ここにもホラ無謀なのが一人・・・(ぼそ))。

PKってやっぱりちょっと特殊じゃないですか。男女を問わず、「自分にもできるかも~」って思える要素がちょっと弱いのかもしれませんね。(バスケとかバレーとか卓球だったら女の子でも割と抵抗無くやるじゃないですか)

今回のMADONNAのPVに関して言えば、そういった心の問題(?)をぶっ壊してくれるような要素はほとんど皆無だったのではないでしょうか(でも007の真似したがる人は多そう(笑))。

 

日本におけるPKの現状批判をする気はまったく全然これっぽっちも無いのですが、PKの認知度が上がらないのはもしかしたらそういったことが原因の一つなのかもしれません(むしろ自分は現状のマイノリティスポーツとしてのPKも結構好きなんです、皆さんに親切に接していただけますし^^。人数増えたらマナーがどうとか犯罪利用だとか、いろいろ問題も出てきそうで・・・それはそれでちょっと怖いです。)

でもね。

そういう意味で、今の日本のTRACEURさんに、プロじゃなくて石川県民さんやテクテクさんたちみたいな中学生・高校生が多いという事実はいいことだなぁ、って思うんですよ^^(でもそういえばまだ小学生、って聞いたことない気がする・・・)

自分たちと同じ歳の人がやってる、自分よりも年下の子がやってるんだから、自分にもできるかも!って思えますし(失礼に聞こえたらごめんなさいっ(><))

(念のため誤解の無いように書いておきますが、私がPKをやり始めた理由には↑のような考えはほとんどなかったです(人間がやってるんだから自分にもできるだろう、とは思ったかもしれませんが(笑))。むしろPKを始めてから自分よりも年下のTRACEURさんが多いことを知って驚きましたし、身軽さ・運動神経のよさはとても真似できるものではないので・・・^^;)

まぁ、プロがいればいたでもっとはやってたりするんだろうなぁ、とは思うのですが・・・。

 

ああ、頭つかって長文書いたので、後半何がなんだか・・・意味の分からない文章だったらごめんなさい・・・。

 

P.S.

途中でお名前を勝手に借りてしまった方々ごめんなさいっす!(><)

 

P.S.2

あの~ぅ、ケータイ、ソフトバンクユーザーの方いらっしゃいませんか??

auからソフトバンクに変えちゃおうかなぁー、ってちょっと思うのですが・・・、使い勝手どんなんかなぁ、って思いまして・・・^^;

PR

ふと思った(授業中)

やじるしは気持ちのベクトル。(写真薄くて見難いですが・・・)


 

↑じゃなくて・・・。

 

↑こう・・・・?

単なる目線と意識の問題だけど。。。

 あとそういえば。こないだ全然跳べなかったとき、膝が完全つっぱったままで、そのままその状態からなんとか踏み切ろうとしてた気が・・・・。膝に溜めを作った覚えがない(それじゃ跳べないし、引き寄せるのもできないわな・・・)

 

前回の日記を書いた日の夜、普段全然運動もしない友達がなぜかいきなりTHVに成功する夢を見ました(笑)

今日も授業中なのにうっかり船を漕いでいたら、TURN.Vをして、そのまま6mくらい、まるで地面に吸い込まれるように落下してLANDINGする夢を見て、びっくりして跳ね起きてちょっと恥ずかしい思いをしました。

・・・・・動画の見すぎ・・・?

 

それはいいとして。

みなさん本当にいつもアドバイスをありがとうございます(^人^)

プレッシャーになるどころか、ホント励みになりますし、でも一方で、「あんなにいろいろ教えてもらってるのに!」と言うジレンマをちょびっと覚えたり・・・。

なんかなー。。。ホント、どうにかしたい!今日はカポエィラの日だったのですが、皆さんのコメントをケータイで読んだせいか完璧にエネルギーのベクトルはPK方面。走りたくて跳んでみたくて仕方ない。レスしてる暇があったら外行きたい!ってなぐらいの恨めしい雨の一日でした。

そしてやはり定期OFFに早く行ってみたいです。

でもこのまま恐怖心をどうにかこうにか上手く扱えるようにならないうちは、オフ会に行っても、みなさんを戸惑わせるだけだろうし。せめてTHVでもMVでも、何かしら一つくらいはできるようになってからじゃないと、と思います。

自分はPKが掲げる哲学(?)もとても好きで、「好き」と言うより性に合いすぎてるので(のわりにいつまで経っても跳べねーなw)、目指すところはテクテクさんがコメントに書いてくださったところだと思いますし、でも一方でsullivanさんが提案してくれた肩の力を抜いて「楽しむ」スタイルも凄く大事・・・・というか、何事も「楽しく」なければ始めないだろうし、「楽しく」できなければ続けられないだろうし、と思うです、ハイ(「楽しく」なかったらそれこそ「修行」なりますか^^;)

 

・・・・って言うかね。

風みたいにばびゅーっと、歩く人をどんどん通り抜けながらスルスル障害を跳び越して乗り越えて、誰もいない高いとこから街を見下ろせたら、どんなに気持ちいいんだろうな~~~って思う!

そんだけっっっっ(ぴんぽん)

 

己に打ち勝ち、恐怖を手懐け、恐怖にたいして笑みを浮かべることができたらどんなにクールでカッコイイことかっ!

そんだけっっっ!

 

それにくらべて今の自分はかっこ悪すぎる情けなさ過ぎる!や、自己否定は悪いことじゃないです!進歩は自己否定から始まるっす(by大学受験時の予備校の先生)。

もうこうなったら、バーを掴んで「怖い」ととことこん思いつめてみます。

行き着くとこまで恐怖を感じて、そんな状態が嫌になったらきっと吹っ切れるでしょう(カポエィラのときもそうだったしなぁ>目が据わってる状態)

 

大丈夫・・・・次はできる^^

こけそうになったら受身取ればいいさ(躰道で一通り受身はやったのですが、やはり地面となると話は違いますよね。転がる向きも微妙に違うみたいですし>nikqさん) 顔を打ったのがトラウマになってるっちゅーんなら、ロールしちゃえば顔はとりあえず打たずに済むし。

 

 

そういえば。

話はまったく別なのですが。

廃墟になったら工場とかって、いくらぐらいするんでしょうね?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一体何を言い出すんだ、と言う声が聞こえそうですが・・・・。

いや。街の中で駆け抜けるのがPKの醍醐味であると個人的には思っているのですが。

その一方で、もし安い工場跡地とか、土地が郊外にでもあれば、いつかみんなでお金を出し合って、数年かかって貯めたりして、買い取ってPKのメッカにする、って言うのも面白いかな、なんて閃いたり・・・(財力が問題ですね~)。

 

 

ここ二日家探し関係でいろいろいろいろいろいろりおろりお(ぉーぃ)だったのでブログさぼっちゃいました。まぁでもぶっちゃけ練習もできなかったし、カポエイラもなかったし、書くことも無かったのですが。。。

 

今日はようやっと朝番のバイトを抜けることができたので始めて朝練に行って来ました。とは言っても、9時起きだったので結局公園に行ったのは11時ごろ・・・。

・・・心なしか夜のほうがやりやすいような気が・・・・。

人が多すぎ、子供が多すぎで集中できなかったです・・・・。「明るい」というのも逆にいろいろちゃんと見えすぎて逆に恐怖心を煽るような・・・そんな気がしましたです、ハイ(そんなん言い訳だよ言い訳)

で。

1週間後の結果はというと。

 

ダメダメ・・・・(沈)。

no wayって感じです。オールリセットされてました。ホントに怖くて仕方がない。写真にあるような手すり+チェーンなんていう贅沢かつ低レベル・初心者に適したのを使って跳ぼうと思っても、跳躍が足りなくて足がチェーンに引っかからないかが気にかかって踏み切りできない。思い切って跳んでみても、ベリーロール(高飛び)状態で絶対安全な跳び方しかできない(これじゃそのまま走れない)。

始めよう、と思い立ってもう1ヶ月が経ちます。なのにリセットかよ。

あんだけいろいろアドバイスいただいたのに、全然活かせてない。

向いてないのか、できないのか、無理なのか・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・否。

いな

イナ

稲!

である!!!!(違)

(↑軽くパニック)

 

や・・・・・分かってるんですよ、ホントにホントは単に怖いだけで、筋力だってそこまで無いわけじゃないし(多少体は重いですがっ(←でも「体重い」ってことはその体重を支えるだけの筋力があるってことだし)、運動オンチ(略すと「うんち」らしい)ってわけでもないし(じゃなきゃカポエィラなんて・・・)・・・。

本当にただ怖いだけ。

その恐怖心さえ跳び越してしまえば、あとはもう・・・・・。

割かし、「離陸してから」の上達は早いほうだと思います(ト信じてる)。

ただ、離陸の仕方がわからない。

パルクールのスクールみたいの、あればいいのになぁ、ってちょっと本気で思いました。

今日はちょっとパニックになりました。

(でも動画みたらちょっと復活←結構単純)


夜しかいけないからとても見難いのですが・・・。

 ながーい手すり。こっちがコンクリ、あっちは芝生。しかも一部ここだけ低くなっている。

・・・・・芝生なのと低くなってるのに油断して顔から落ちたんだなぁ、きっと。

 

  階段もあります。助走はあまりできないけど、飛ぶにはもってこいかも(道路の車に気をつけて)。

  手すりの左側は石垣になってます。なんか使えそう。

 

カレンダー :
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
LATEST CM :
[11/12 NEX-5]
[11/01 CeatsJeva]
[12/10 redmanbeeb]
[12/10 wylingford]
[11/19 garrowaywi]
プロフィール :
HN:
ruff
年齢:
34
性別:
女性
誕生日:
1984/04/04
職業:
大学生
趣味:
パルクール カポエィラ
自己紹介:
22才、大学3年にもなって体を動かすことの大切さに気づき、パルクールとカポエィラに、マイ・ペースに挑戦します(現在進行形)

女の子だってパルクールしたいのだ!
運動得意じゃないし、要ダイエット体形だけどかっこよくカポエィラしたい!
・・・と思っているやつもいるんだよ~、という思いと、パルクールの知名度上げに貢献できれば、という思いからブログを立ち上げました。
バーコード :
ブログ内検索 :
アクセス解析 :
忍者ブログ [PR]
"ruff" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.